至高なる大祭司であり王であるキリスト宣教会

グリチリアノでの感謝祭

2013年01月05日

昨年、イタリアにある王たる宣教会の本部神学校でもたれた、米国感謝祭の模様を紹介します。この感謝祭は今では例年の恒例行事となりました。

 

米国からの神学生は現在では20人をこえます。この日のために神学生は食堂を特別に飾ります。また、米国の守護聖人である無原罪のマリアの御像はこの日、特別な崇敬を受けました。