至高なる大祭司であり王であるキリスト宣教会

教皇のための祈り

2013年03月26日

フランシス教皇が選ばれてから早2週間あまりになります。着実に教皇職を果たしておられるのを見ると感動します。カトリック教会の底の深さを実感します。

 

様々な問題を抱える現代において、教会を、イエス伝来の教えに忠実にかつ現代の信者にもわかるように教え導くのは実に大変です。教皇のために祈りましょう。

 

祈り、

すべての信者を司り、みちびき給う神よ、御身が、全教会の最高牧者としてえらび給うた主のしもべなる教皇フランシスをかえりみ、御慈悲を垂れ給え。願わくは、かれを、その言葉と模範とによって、信者に益あるものとなし、かれに託された羊のむれとともに、永遠の生命に至らせ給え。神として、聖霊との一致において、御身と共に世々に生き且つ治め給うわれらの主よ、聖子、イエス・キリストによりて。アーメーン。