至高なる大祭司であり王であるキリスト宣教会

音楽のキャンプ

2013年11月19日

 

今夏も、ケンタッキーで音楽のキャンプがありました。全米から集まった子供達と5日間を共にしました。音楽は世界共通語で音楽を通して子供達が日々成長してゆくのを見ることができたのは大きな恵みです。ケンタッキーにある黙想センターまでは、ここから車でおよそ3時間半余りかかります。

キャンプの参加者の内容は子供31人、講師4人、付き添いの青年達が4人、付き添いの母親が2人の総勢42名の大所帯です。

ケンタッキーの田舎にあり、広大なトウモロコシ畑に囲まれた、黙想センターで日曜から金曜まで寝食を共にして、音楽を学び、スポーツに汗を流し、毎日ミサにあずかり、そして夕方には自然の中で、ロザリオを唱えながら行列をします。子供達にも、また付き添いの大人達にも忘れることのできない思い出になります。

主よ、どうか子供達の成長を見守ってください。