至高なる大祭司であり王であるキリスト宣教会

2016年叙階週間

2017年02月20日

学年度を締めくくる、叙階週間は、王たるキリスト宣教会の聖フィリップ・ネリ国際神学校にとっては、とても大切な機会です。叙階式は7月4日から7日にかけて行われ、75人の神学生がそれぞれの階位を受けました。式は、私たちの王、大祭司であるキリストへの信心と、司教らとの一致の下にカトリック教会への忠誠、そして教会伝統への敬意を表明するに相応しく行われました。

 7月7日には、バーク枢機卿がアメリカ人2人、ブラジル人1人、フランス人8人を司祭に叙階しました。永遠の大祭司イエズス・キリストを讃える叙階のための、教皇ミサがささげられました。美しい祭服に彩られた聖なる司式に、混声の聖歌が流れる中、数百人が式に与りました.

 

写真は会の英語サイトをそのまま転載しました。どうか御了承ください。

 

それらを拡大するために下の写真をクリック。