至高なる大祭司であり王であるキリスト宣教会

イエズスの聖心の在俗信心会

イエズスの聖心の在俗信心会

 

イエズスの聖心会は信徒の信心会で、至高の大祭司にして王たるキリスト宣教会の霊的な家族に属しています。会員になることで、信徒は無原罪の御宿りの聖母の保護の元、カトリック教会と社会のあらゆる領域に私たちの主の王権を広げようとする宣教会の霊性に参加することができます。

 

霊性

 

王たるキリスト宣教会の霊性は聖ベネディクト、聖トマス・アキィナス及び聖フランシス・ド・サールの著作及び模範が源となっています。これらの守護聖人とともに、イエズスの聖心会の会員は自然、恩寵、信仰及び文化の間における絶え間ない調和のうちに、聖にして母なる教会の教えと教皇座に完全に忠実で、神と私たちの隣人への愛徳を強調しつつ、カトリック的生活をおくるように努めています。

 

この聖なる努力において、会員は自らを王たるキリスト宣教会の霊的指導のもとに服し、宣教会の司祭、献身者、神学生及びイエズスの王たる御心礼拝会の修道女の祈りによって支援をうけています。